ごあいさつ

NEDO(独立行政法人新エネルギー・産業技術総合開発機構)で福祉用具実用化推進事業を行ったとき、聞こえない人(ろう者・難聴者)に接する機会が多くありました。

 

そのとき、聞こえない方々に、どんな時に一番困るか尋ねました。社会生活の中で困ることはたくさんあるが、「お医者さんを受診するとき」と多数の方から伺いました。

その事は、私の次男もろう者なので実感しています。

 

弊社は設立以来、「聞こえる人」と「聞こえない人」のコミュニケーションに関する研究をおこなってまいりました。

難しい開発を行うのではなく、誰でも持っているもの、持っていて楽しいものを活用し、聞こえない皆さまに抵抗なく使って頂ける製品、ろう者・難聴者のお役に立つように研究開発を致しております。

 

近日発売予定の携帯電話で使用する「聞こえない人も病院へ行こう!!」は、ろう者や難聴者の方々と医療従事者の方々が、いつでも気軽にコミュニケーションを図る為にお手伝いするソフトです。

 

これにより、聞こえない人と医療従事者が気軽にコミュニケーションを図ることができ、聞こえない人々に少しでもお役に立てば幸いです。

 

「聞こえない人」と「聞こえる人」が一緒になって、フェイスtoフェイス、目と目を見つめ合い、いつでも・どこでも・気軽に使って頂けるソフトや手話などを通じ、皆が膝を交えて話し合う…。

 

そんな風に、「人と人を繋いでいくこと」、そして本当に価値ある携帯電話ソフトやインターネットを使ったコミュニケーションツールをつくり役立てていく事、そこに私の役割があり、NMCの目的がございます。

 

取締役社長 安田喜一